Chumbyで早起き生活の「いま起きた」を使う

Chumbyの日本語もRCになったそうなので、ネタとしてやりたかったた早起き生活のwidgetをつくってみました。

早起き生活は朝起きた時間を記録してくれるサービス。起床時間はあとからでも登録できるんだけど、「いま起きた」ボタンを押すとその時間で登録されるので便利。

Chumbyは目覚ましアラームの機能があるんだけど、アラームをとめたあとに任意のWidget(正確にはwidgetのグループとなるチャンネル)を再生できるのでアラームのあとに、早起き生活の「いま起きた」ができるとすげーいいよね、と思っていてようやく着手・そしてとりあえず完成。


はい。夜から朝までやってたのでいきなり10時起きですが何か?
残念ながら早起き生活ではAPIもcrossdomain.xmlもないようなので「いま起きた!」のポストやRSSの読み込みは専用のwebsvcをつくって自宅サーバ経由でとってます。

人様のパスワードが自宅サーバで抜けちゃうのはまずいので非公開widgetでchumby.comには登録してます。どーしても使いたい方はどうでもいいパスワードに変更してご連絡を。限定公開するにはchumby友達にならないとだめなのかな?
chumbyのスクリーンショットを取れるなんてしらなんだ。こちらのサイトを参考にさせていただきました。

http://garakuta.oops.jp/wordpress002/?p=55

FlashLiteでChumbyWidgetをつくる

Chumby WikiをみてFlashDevelopというフリーのFlash開発ツールでwidgetをつくってる。Flex Builderもっているけど、Chumby WikiにはFlexのことが全然書いてない。ActionScript2、FlashLiteはFlexだと無理なのだろうか。

ちなみにChumy Widgetと言ってもただのFlashのようだ。気にするのは解像度ぐらいか。

自作Widgetのテスト中の動作方法についてはChumby wikiをみればわかるんだけど、flash(swfファイル)を作ったらUSBメモリに入れてChumbyに指す。で、Chumbyのsshdを有効にして(ChumbyInfoの右上にπみたいな絵を押すと起動できる画面に入れる)、PCからsshでChumbyにリモートで入って、

# stop_control_panel
# chumbyflashplayer.x -i /mnt/usb/hoge.swf

みたいな感じで直接、USBのswfファイルをflashplayerを実行できる。

終わったら、

# start_control_panel

を実行すれば元に戻る。

HatenaTrends for Chumby

とりあえず、はてな注目キーワードをhttpで情報とって表示するっていうのまでできた。似たようなノリでいろんなニュース系のwidgetはつくれそうだけど、デザインとかアニメーションとかめんどい。。。

寝る!

Chumby日本語化やで

そういえば、Chumby買ったのを報告してなかった。ちょうど届いたときに風邪で死んでたからなぁ。。。

せっかくのChumbyだったけど日本語が表示されなくてあんまりうれしくなかった。twitterを表示しても日本語のコメントはUnsuported text formatみたいに表示されてしまう。アラームと時計と天気予報表示くらいでしか機能してなかった。でも久しぶりにみたら日本語化キット(ベータ版)が公開されている!

http://www.chumby.jp/news/japanease2.htmlで、あててみた。なんか空のUSBメモリじゃないとうまくいかない?ちゃんと調べてないけど。

Chumby日本語やー

しかし、一つ注意事項が・・・widgetも日本語フォントを使うように設定されてないとだめなんだって。既存のtwitter widgetじゃやっぱり日本語表示されなかった。↑のは日本の人が投稿したtwitter widget。ということで・・・widgetつくれってことですな!?