クロモリ自転車を探す

水曜日に会社に置いていたクロスバイクを盗まれてしまったので失意の中、新しい自転車を探しに行った。以前に買いたい自転車があったが2台も置くスペースがないので諦めていた過去があった。

Windyに乗っていた間に欲しくなっていたのは同じくコルナゴのFrecciaとRezzo。

Freccia

Frecciaは最早カタログにも載っておらず売ってそうな気配がない。中古を当たればいつか出会えるかもしれないが自転車がない日が辛いのでRezzoを探した。

Rezzo

Rezzoも新品、中古でちょっと見かけるだけ。欲しいホワイトが無さそうな雰囲気。とりあえず新宿のワイズロードのクロスバイク店に行ってみたがホワイトは小さいサイズのやつしか無く、身長に合いそうな520サイズのメーカー在庫があるのは赤と黒と言われた。店頭にあった小さいサイズにまたがせてもらったがやはり窮屈な印象だったのでサイズと色ならサイズを妥協しない方が良いように思えた。

Windyを探した時に細身のクロモリフレームに憧れていたこともあったので思いきってRezzoの赤を注文した。色はどこかにお願いして塗り替えてもらいたいが自転車がないのが辛いので暫くは赤で乗るつもりである。

今度盗まれたらもう諦めて中古のBiscottiくらいに留めようと思っている。しかし自転車がないのは辛いので折りたたみ自転車やミニベロをサブとして持っておきたいとも思った。サブなら新品である必要もないので中古の自転車を漁るのは良いのかもしれない。

Rezzoの納車まで徒歩通勤で頑張る

自転車のメンテンナンス

ブレーキワイヤー交換が必要だったので、近くにできたBLUE LUGに行った。

車検してもらった結果、以下を交換することに。3年くらいサボっていた結果。購入した目黒のコルナゴ専門店(la Bicicletta COLNAGO)が無くなってヌカヤに吸収されたと風の噂で聞いて以来、店に行かなくなっていた。

  • ブレーキワイヤー(限界だった)
  • ブレーキシュー(限界だった)
  • シフトワイヤー
  • チェーン(サビサビなので)
  • タイヤ(溝が擦り切れて限界だった)

工賃含めて締めて3万円。相場をよく知らないので高いのかよくわからないが数万くらいなら買い換えることも無く修理でいいかと思っていたので驚きは無かった。

ついでにワイヤーのカバーを黒から白に変えてもらった。シフトワイヤーはまだ頑張れるということだったけど合わせてもらうためについでに交換した。

IMG_1631

時間がかかることも覚悟して金曜日の夜に持って行った。作業は2時間ほど、夜22時までやっているので当日受け取ることもできたが、微妙な時間だったので翌日の昼一番で取りに行った。

何も問題なくても半年に1回は持ってきて早めにチェックすれば維持費も安くなると言われたので9月くらいに持って行こう。

ハンドルグリップとサドルを交換

自転車のハンドルグリップとサドルがボロボロになっていたので交換。

IMG_1619

IMG_1621

メーカー(コルナゴ)に取り寄せれば同じものが手に入れるのかよくわからない中、探すとほぼおなじものを見つけることができた。

グリップは「Bazooka(バズーカ) レザーグリップ ホワイト」というのを購入。

IMG_1617

なんか中央部分がパンパンなんだけど、これが普通なのだろうか。

IMG_1625

サドルは「Vertigo MAX」というプリントがあったのでそれで検索。どうもコルナゴ向けに作られたのか普通には売って無さそうなのでオークションで見つけたものを即落札。コルナゴのプリントもあるやつ。

IMG_1626

ついでにブレーキバランスも調整したが、自力でやるのはここまでにしてブレーキワイヤー交換は自転車屋さんにお願いしようかと思う。

東京都の自転車総合対策

東京都で自転車安全利用TOKYOキャンペーン(5月1日~5月31日)をやっているらしい。

知らんかったんだけど。

他にも東京都は自転車総合対策としていろんな条例や指針をドキュメント化しているようだ。
自転車総合対策

いや、全然、知らんかったんだけど。

サイトやドキュメント化にはそれなりの労力を費やしていると思うんだけど、伝わなかったら意味無いと思う。

リンクがたくさんあって、結局何を見ればいいのか?という状態だけど個人的には自転車に係る主な交通ルール(警察庁)(PDF形式/51KB)を読んでおけば良いと思った。これとは別に東京都や区のローカルのルールもありそうなんだけど、東京都自転車安全利用指針(PDF形式/1,381KB)になるのかなぁ。

駐輪場のcsvファイルが公開されているのでモバイルアプリでもつくろうかなと思ってきた。React Nativeの勉強に良さそう。でもPebbleやApple Watchとの連携考えると普通にネイティブで書いた方がいいかなぁ。。。

CATEYEライト

自転車のライトのブランケットが壊れかけていたので買い換えることに。最近は自転車のライトもUSB充電が当たり前になっているようだ。

CATEYEの充電式だとホワイトのものが見つからなかったので後継版のHL-EL140を買うことに。従来モデル(HL-EL130)と比べてカンデラ数が5倍以上アップしたらしい。街中だと街灯があるので道を照らすというより対面への存在通知という意味のが大きい、あまり光量は当てにしておらず。そういう意味では白のHL-EL010 UNOでも良かったんだけど電池の交換が面倒なので単三電池2本のHL-EL140に落ち着いた。

しかし日焼けのせいかこんなに変色してしまった。

HL-EL140

ついでにリアのライトにRAPID miniを買った、こちらはUSB充電。これで今まで使っていたライトのボタン電池の破棄に悩まされずに済む。

次はボロボロになってきたグリップとサドルを変えようと思う。

Pebble自転車マウントキット

衝動買いならぬ衝動支援。

Pebble Bike Mount by James Mattis & Ted Huang — Kickstarter

Pebble Bike Mount

Garminマウントに対するアタッチメント的な感じ。ベルトの代わりにつける。良いアイディア。

ベルトの代わりにつけることになるので、通勤の時にちょっとつけるというのは難しそう、本格的なロードバイカーのためのツールになると思われる。そういう意味では若干自分のユースケースには合っていないのだけどとりあえず支援。

Pebble Steelには今のところ対応していないらしい。持ってないから構わない。

スピードクリーン ディグリーザーが強力すぎる

週末予定があったり天気が悪かったりでなかなかできなかった自転車の掃除を久々に着手。

そして今回買ったスピードクリーン ディグリーザーが強力すぎた。

ギアの隙間に汚れが溜まっているのは気になっていたがブラシが届かず諦めていた。しかしスピードクリーン ディグリーザーを使ったところすごい噴射力で隙間にあった泥を吹き飛ばしてくれた。あまりにも汚れが取れるのでいろんなところに使ってしまった。一回分の使用量がよくわからずスプレーのような製品なので残量もよくわからない。しかし一回で使いきっても良いくらいの製品だ。外で使ったが匂いがあるのと噴射が強くて外してしまう恐れがあるので室内で使う場合は注意が必要。

IMG_1448

そして3回目にしてようやくチェーンクリーナー使い方がわかってきた。どこで適切なテンションを張りながら動かさないといけないかというのはギターの弦の張替えに通じるところがある。

自転車のギア洗い

少し前にチェーンクリーナーでチェーンを洗って見違えるように走りやすくなったんだけど、重いギアのときにまだかすかな異音がするのが気になっていた。とういわけでギアを洗う。

確かに外側の小さいギアの方は泥がまだ付いていた。チェーンクリーナーをするとギアまで綺麗になると勘違いしてしまうけど洗う時に触れていない前後のギアはあんまり関係ない。

before

お掃除後。

after

まだところどころギアに泥が残ってる。どうせ洗ってもまた汚れるので完璧に取り除くよりは定期的に手入れをする方で現状維持+ちょっとずつ綺麗にしていけばいいかなと思ってる。

ギアの奥を洗うのに苦労したのでこのギアフロス使ってみたいな。
http://www.finishline.jp/maintenance.html

サイレントチャリ

最近、自転車の軽いギアの時の異音が気になっていた。チェーン周りには何も手入れをしていなかったので錆びてダメになってしまったのかと不安になってた。とりあえず掃除をしてみようということでチェーンを掃除するものを探して「FINISH LINE チェーンクリーナーキット」を買ってみた。

FINISH LINEはシリーズらしく、他にも自転車用洗剤やブラシなどもFINISH LINEで揃えてみた。

チェーンクリーナーは説明書に書いてあるとおり、フロントを真ん中のギアにして、リアを軽い3番めくらいのギアにして逆回転しながら当ててみた。汚れが酷いのかブラシが絡まってチェーンクリーナーをうまく潜らず、何度もチェーンを外してしまったので、テンションをあげようと5番めくらいのギアで回した。

20回逆回転したところ真っ茶色の泥水になったのでもう1回。2回目も四苦八苦しながら、ようやくチェーンの付け方やテンションの調整にも慣れてかなりチェーンの汚れはとれた。

しかし、チェーンの汚れがひどかったためその汚れがギヤやボディ、そして手ににつき、それでサドルやハンドルを汚してしまうという悪循環。洗っては別のところを汚すというのを繰り返してた。下の方から洗った方が良いという教訓。

ブラシで水洗いしながら細かい泥や汚れを取り除き、最後にボティも綺麗にした。自転車に使ってよいのか知らないが拭いても取れない汚れにはメラミンスポンジを使っている。ブレーキホースの跡とかはこれで綺麗に取れる。メラミンスポンジは近所のドラッグストアでいつも買っているがコンビニやスーパーでは見かけない。Amazonならメラミンスポンジで検索すると幾つか出てくるようだ。ドラックストアで買ってるやつはAmazonには見かけなかった。有本カテイ社のドイツ生まれのミラクル素材、メラミンスポンジと書いてある(MADE IN CHINA)。

細かい部分は分解して洗わないといけない気がする。以下の本を買ったが徐々に勉強していこう。

洗ったばかりの自転車に乗った。まったくチェーンの音がしなくなった。そして力の伝わり方半端ない。あぁ、買ったころはこうだったよ。やっぱりチェーンは手入れしないといけないのね。

なかなかクロスバイクに乗れない

今月は体調がわるくて、もはや悪いんじゃなくてこれがデフォルトなのかと心配したりもしたがそれは杞憂で完治したっぽい。

体調が回復したのにここのところ週末は雨でなかなかクロスバイクに乗れない。いい加減、メンテに自転車屋さんにもっていかないといけないし、タイヤを白くしたいと思っている今日この頃。

今のWindyのカラバリはゴールドと、シルバーとホワイトだ。
http://www.colnago.co.jp/products/hybrid/windy/