ディアウォールで自転車を壁がけした

クロスバイクが2台になり、置き場に困っていたのでディアウォールでサブの1台を壁がけしてみた。(正確には部屋の壁ではなく壁に隣接させたツーバイ材に掛けている)

クロスバイク壁がけ

今回購入したもの。

  • ホワイト塗装済ツーバイ材 【長さ2440mm】 (2本にカットしてもらい、余りは捨て)
  • LABRICO 2×4ジョイント オフホワイト DXO-4
  • LABRICO 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1
  • MINOURA バイクハンガー4M

ディアウォール

https://findy.jp/8365
ディアウォール」とは、上のパーツの中にバネがあり、はめ込んだ木材を固定する仕組みになっていて、一言で説明すると、床と天井の突っ張り棒です。

ツーバイ材販売店

マンションの壁紙が白のため、白塗装済みのツーバイ材をネット販売しているところ、カットをしてくれるところを探してIPC DIY Lab.さんで購入。一週間程度で届いた。
https://diy-lab.jp/products/detail.php?product_id=1458

探せば安くて速く届けてくれるところがあったかもしれないが、ツーバイ材を買うのが初めてだったためバイクハンガーのDIY記事などDIYの事例がサイトに載っていて安心感があったので IPC DIY Lab. さんを選択。塗装しなくて良いなら東急ハンズなどのホームセンターで買って持って帰る手もありかもしれない。

LABRICO

LABRICOはツーバイ材を組み立てて使うDIYパーツ。

LABRICO(ラブリコ)は、女性や家族が楽しめる「安全で手軽なDIYパーツブランド」です。
これまでは業務用や男性向けが多く、複雑な手順や工具が必要だったDIYパーツを、
安心して使い続けられる、家庭向けのパーツとしてご提案します。

とあるが、男性でも手軽に使いたいので選択。こちらはツーバイ材が届く間にAmazonで購入して用意しておいた。

今回はアジャスターで-95mm、ジョイントで-26mmした長さのツーバイ材を購入した。このあたりは使うパーツによって長さを調整しないといけないので注意が必要。 危うくジョイントの長さを考慮せず注文するところだった。

バイクハンガー

今回壁に掛けるクロスバイクはフラットバーハンドルなので、バイクハンガーは「MINOURA バイクハンガー4M」を購入。とりあえずバイクハンガーはMINOURAが定番らしい。ロードバイク向けにはMINOURA バイクハンガー4Mと別の商品があり、こちらはドロップハンドルなど幅が狭い自転車用。

バイクハンガーもAmazonで購入。

半分にカットした理由

2m超えの木材を買うのは敷居が高く、今回チャレンジできたのは「2×4ジョイント」の存在が大きい。ジョインを入れてもそれほど強度も落ちないことから、以下のような利点を想像していた。

  • 運ぶのが楽、部屋の搬入も楽
  • サイズが合わなかった場合に買い替えが半分で済む
  • 引っ越す場合に、買い替えが半分で済み再利用できそう
  • 捨てるのも楽

まず天井までの高さを正確に測ることが大変だし、2×4アジャスターのレビューコメントで「-95mmじゃ短すぎた」、「私は長すぎた」などの様々なコメントがあって、もし長さが合わなかったときに2m超えの木材を捨てることも面倒だから手を出しづらかった。半分にカットしてもらえば仮に長さが合わなかったとしても捨てるのは半分の長さで済むし、半分の長さなら押入れにとっておくこともできる。

あと、部屋のどこに配置するかを決めかねていて、床からの天井の高さが部屋の場所によって違うため、部屋の模様替えをするのも簡単になるのではと考えた。

悪いところをあげると、ジョイントが無い一本木に比べて見た目が悪いところ。

まとめ

ツーバイ材の塗装・カットサービスとLABRICOのおかげでかなり簡単にバイクの壁がけが実現できた。ドリルドライバーがあれば30分も要らない。これだったらギターの壁がけなどもっと早くにチャレンジしておくべきだったと後悔しているところ。

LABRICOはいろいろなパーツがあるので壁収納棚もつくって見たいが、収納場所をつくると、そこにモノを置いてモノが溢れる問題があるので今は我慢。

COLNAGO REZZOセッティング概ね完了

ようやくCOLNAGO REZZOのセッティングが完了。納車の際にとりあえずで買っていたアクセサリーからちゃんと選んだものに交換した。

CATEYEの白いライトを付けていたがハンドルバーがシルバーなのでHL-EL140のシルバーに変えてみた。白いライトは帰ってきたWindyで使う予定。

再びサイクルコンピュータを購入。Windyでも最初は付けていたが、楽しいのは最初のうちだけだったので外してしまっていた。また最初だけつけるだけになるかもしれないが、一応付ける。

ケイデンス(ペダル回転数)など不要で、距離と時速だけ測れば良いと思ったので「マイクロワイヤレス CC-MC200W」これにした。最近はスマホ連携も出来るやつであるようだけど機能を見ていると大分スポーツ向きなので通勤・通学くらいだと「マイクロワイヤレス CC-MC200W」くらいが丁度良い気がする。

今の時代なら、サイクルコンピュータもいらなくてセンサーから直接スマホにBluethoothで送れば良いのではないかと思った。CAT EYEを見た感じだとその類の製品は見当たらないようだけどKickstarterとかであるかもしれないので探してみよう。

REZZO

REZZOはWindyと違ってサドルポストが短く、つけられるワイヤー錠がなかなか無い。それゆえフレーム側につけていたがやはり、サドルポストにつけようと思い、WINDYでも使っていた「MING TAY ケーブルロック MT-3505」を購入した。MT-3505はワイヤーが横向けに輪になるので高さのスペースが少しで済み、なんとかなった。

REZZO

サドルポストがワイヤー錠で占められたのでリアライトとサドルに移動。まず、リアライトをサドルにつけるためのアタッチメントをつけた。

REZZO

なお、Windyは会社付近の路上に放置されていたのを発見し、盗難届を取り消しにまた派出所に行く羽目に。2台の自転車の置き場に困る今日このごろ。

クロモリ自転車 REZZO納車

在庫があったワイズノードにて注文していたREZZOが納車されたので引き取りに行った。

REZZOは旧車をモチーフとしたデザインになっちて、シフティングレバーの位置がハンドルバーではなくフレーム側にある。これだとシフトを変える度にハンドルから手を離さないといけなく危険だと判断したため、シフティングレバーをSL-R780に交換にしてもらった。

Rezzo

クロモリの細身のボディはやはり美しい。ただ日頃、赤色のものをあまり買わないため、やはり違和感を感じる。水色のWindyに合わせて水色のアウターを選んでいたりしたのでカラーコーディネートが合わなくなる。本当はホワイトが欲しかったのがメーカーにも在庫が無い状態なので諦めざるを得なかった。代車を手に入れてカスタムペイントを依頼したいところ。何にしても初期点検の1ヶ月後まではあまりいじらない予定。

肝心の乗り心地については車体が軽く感じてまだ違和感がありまくり。前に載っていたWindyも9kg台なのでそう変わらないはずなのだが体感的に軽く感じる。段差が怖くてスピードも出せない状態なので早く慣れたい。

クロモリ自転車を探す

水曜日に会社に置いていたクロスバイクを盗まれてしまったので失意の中、新しい自転車を探しに行った。以前に買いたい自転車があったが2台も置くスペースがないので諦めていた過去があった。

Windyに乗っていた間に欲しくなっていたのは同じくコルナゴのFrecciaとRezzo。

Freccia

Frecciaは最早カタログにも載っておらず売ってそうな気配がない。中古を当たればいつか出会えるかもしれないが自転車がない日が辛いのでRezzoを探した。

Rezzo

Rezzoも新品、中古でちょっと見かけるだけ。欲しいホワイトが無さそうな雰囲気。とりあえず新宿のワイズロードのクロスバイク店に行ってみたがホワイトは小さいサイズのやつしか無く、身長に合いそうな520サイズのメーカー在庫があるのは赤と黒と言われた。店頭にあった小さいサイズにまたがせてもらったがやはり窮屈な印象だったのでサイズと色ならサイズを妥協しない方が良いように思えた。

Windyを探した時に細身のクロモリフレームに憧れていたこともあったので思いきってRezzoの赤を注文した。色はどこかにお願いして塗り替えてもらいたいが自転車がないのが辛いので暫くは赤で乗るつもりである。

今度盗まれたらもう諦めて中古のBiscottiくらいに留めようと思っている。しかし自転車がないのは辛いので折りたたみ自転車やミニベロをサブとして持っておきたいとも思った。サブなら新品である必要もないので中古の自転車を漁るのは良いのかもしれない。

Rezzoの納車まで徒歩通勤で頑張る

自転車のメンテンナンス

ブレーキワイヤー交換が必要だったので、近くにできたBLUE LUGに行った。

車検してもらった結果、以下を交換することに。3年くらいサボっていた結果。購入した目黒のコルナゴ専門店(la Bicicletta COLNAGO)が無くなってヌカヤに吸収されたと風の噂で聞いて以来、店に行かなくなっていた。

  • ブレーキワイヤー(限界だった)
  • ブレーキシュー(限界だった)
  • シフトワイヤー
  • チェーン(サビサビなので)
  • タイヤ(溝が擦り切れて限界だった)

工賃含めて締めて3万円。相場をよく知らないので高いのかよくわからないが数万くらいなら買い換えることも無く修理でいいかと思っていたので驚きは無かった。

ついでにワイヤーのカバーを黒から白に変えてもらった。シフトワイヤーはまだ頑張れるということだったけど合わせてもらうためについでに交換した。

IMG_1631

時間がかかることも覚悟して金曜日の夜に持って行った。作業は2時間ほど、夜22時までやっているので当日受け取ることもできたが、微妙な時間だったので翌日の昼一番で取りに行った。

何も問題なくても半年に1回は持ってきて早めにチェックすれば維持費も安くなると言われたので9月くらいに持って行こう。

ハンドルグリップとサドルを交換

自転車のハンドルグリップとサドルがボロボロになっていたので交換。

IMG_1619

IMG_1621

メーカー(コルナゴ)に取り寄せれば同じものが手に入れるのかよくわからない中、探すとほぼおなじものを見つけることができた。

グリップは「Bazooka(バズーカ) レザーグリップ ホワイト」というのを購入。

IMG_1617

なんか中央部分がパンパンなんだけど、これが普通なのだろうか。

IMG_1625

サドルは「Vertigo MAX」というプリントがあったのでそれで検索。どうもコルナゴ向けに作られたのか普通には売って無さそうなのでオークションで見つけたものを即落札。コルナゴのプリントもあるやつ。

IMG_1626

ついでにブレーキバランスも調整したが、自力でやるのはここまでにしてブレーキワイヤー交換は自転車屋さんにお願いしようかと思う。

東京都の自転車総合対策

東京都で自転車安全利用TOKYOキャンペーン(5月1日~5月31日)をやっているらしい。

知らんかったんだけど。

他にも東京都は自転車総合対策としていろんな条例や指針をドキュメント化しているようだ。
自転車総合対策

いや、全然、知らんかったんだけど。

サイトやドキュメント化にはそれなりの労力を費やしていると思うんだけど、伝わなかったら意味無いと思う。

リンクがたくさんあって、結局何を見ればいいのか?という状態だけど個人的には自転車に係る主な交通ルール(警察庁)(PDF形式/51KB)を読んでおけば良いと思った。これとは別に東京都や区のローカルのルールもありそうなんだけど、東京都自転車安全利用指針(PDF形式/1,381KB)になるのかなぁ。

駐輪場のcsvファイルが公開されているのでモバイルアプリでもつくろうかなと思ってきた。React Nativeの勉強に良さそう。でもPebbleやApple Watchとの連携考えると普通にネイティブで書いた方がいいかなぁ。。。

CATEYEライト

自転車のライトのブランケットが壊れかけていたので買い換えることに。最近は自転車のライトもUSB充電が当たり前になっているようだ。

CATEYEの充電式だとホワイトのものが見つからなかったので後継版のHL-EL140を買うことに。従来モデル(HL-EL130)と比べてカンデラ数が5倍以上アップしたらしい。街中だと街灯があるので道を照らすというより対面への存在通知という意味のが大きい、あまり光量は当てにしておらず。そういう意味では白のHL-EL010 UNOでも良かったんだけど電池の交換が面倒なので単三電池2本のHL-EL140に落ち着いた。

しかし日焼けのせいかこんなに変色してしまった。

HL-EL140

ついでにリアのライトにRAPID miniを買った、こちらはUSB充電。これで今まで使っていたライトのボタン電池の破棄に悩まされずに済む。

次はボロボロになってきたグリップとサドルを変えようと思う。

Pebble自転車マウントキット

衝動買いならぬ衝動支援。

Pebble Bike Mount by James Mattis & Ted Huang — Kickstarter

Pebble Bike Mount

Garminマウントに対するアタッチメント的な感じ。ベルトの代わりにつける。良いアイディア。

ベルトの代わりにつけることになるので、通勤の時にちょっとつけるというのは難しそう、本格的なロードバイカーのためのツールになると思われる。そういう意味では若干自分のユースケースには合っていないのだけどとりあえず支援。

Pebble Steelには今のところ対応していないらしい。持ってないから構わない。

スピードクリーン ディグリーザーが強力すぎる

週末予定があったり天気が悪かったりでなかなかできなかった自転車の掃除を久々に着手。

そして今回買ったスピードクリーン ディグリーザーが強力すぎた。

ギアの隙間に汚れが溜まっているのは気になっていたがブラシが届かず諦めていた。しかしスピードクリーン ディグリーザーを使ったところすごい噴射力で隙間にあった泥を吹き飛ばしてくれた。あまりにも汚れが取れるのでいろんなところに使ってしまった。一回分の使用量がよくわからずスプレーのような製品なので残量もよくわからない。しかし一回で使いきっても良いくらいの製品だ。外で使ったが匂いがあるのと噴射が強くて外してしまう恐れがあるので室内で使う場合は注意が必要。

IMG_1448

そして3回目にしてようやくチェーンクリーナー使い方がわかってきた。どこで適切なテンションを張りながら動かさないといけないかというのはギターの弦の張替えに通じるところがある。