バロンとコンテッサ

生産性を高める新仮説「机と椅子は2つずつあるほうがいい」実践の続き。

1ヶ月待ってようやくコンテッサ到着。机を2つにして結局椅子も買っていた。

バロンとコンテッサ

バロンチェアは長く使っていて新たに椅子を買うかどうかは悩む所だったんだけど、バロンチェア以下のものを買うと座る机が偏る恐れがあったのでバロンか、コンテッサを買うか検討していた。

IDC大塚 新宿ショールームで試しに座ってみたんだけど、違いはほとんどわからなかった。何度も交互に座って強いて言うなら若干コンテッサの方が深く座れるような感じでどっちが良いかは判断つかなかった。正直どっちでもいいし、好みの世界になってくるんじゃないかと思っていた。

やや深く座れる = あんまり立ち上がりたくなくなる = 作業に集中できる。と勝手に解釈して今回コンテッサを作業用に使うのがいいんじゃないかと考えた。あとバロンチェアはアーム無しのを使っているけどアームレスにしたのは座ってギターを弾くためだ。娯楽のためと作業がごっちゃになっていたとも言えるので、今回はアーム付きの椅子を買ってみたかった。

コンテッサはAmazonに在庫がある分にはすぐに届けてくれる。

しかしコンテッサはマイナーチェンジをしているらしく、フレーム色がポリッシュでデザインアームレストになると色が赤しかなかったので受注生産で時間がかかるのを妥協しないで普通に受注した。

午前中届けてもらうはずが14時くらいになっても何も連絡がないのでKW怒りの選挙投票に。結局17:30頃に来た。もう、どっかで事故ってて来ないもんだと諦めていたので着た時は有り難かった。

実際のところバロンチェアをコロコロ移動すればいいだけなので椅子は1つでもそこまで不便ではなかった。椅子を2つ揃えたのは部屋づくりとして妥協したくなかったからで机が2つに対して椅子が1つのはインテリア的にはやっぱり違和感があった。

バロンで揃えたい気持ちもあったけど、コンテッサの微妙な違いがコントラストになってインテリア的には揃えるよりも良かったなーと思っている。ライトグレーっぽいけどバロンもコンテッサも色はホワイトのメッシュ。

コンテッサの調整とかはよくわかっていないのでバロンとのすわり心地の違いについてはまた今度。でも椅子とかベッドとか自転車とか、毎日身体を預けるものは妥協しないで良い物を使った方がいいと思う。

机+=2

生産性を高める新仮説。「机と椅子は2つずつあるほうがいい」を実践すべく机を2つ追加した。

IKEAのLINNMON テーブルトップ, ブラックブラウン, 120×60を2つ。

IMG_1489

以前から使っていたのが「VIKA AMON テーブルトップ/ ブラックブラウン150×75cm」なので品番が変わってしまったんだけどLINNMONとVIKA AMONは厚みが同じだったので高さはあっている。同じブラックブラウンでも色合いは若干違うんだけど色は生産のタイミングで変わったりするしモデルの違いなのかはわからない。そもそも光の加減であまり気にはならない。それよりも肌触りがLINNMONのほうがザラザラしていて慣れない。VIKA AMONのほうが落ち着くんだけど2000円台のテーブルトップなので文句は言うまい。

そこにスペースがあったから3つ机を並べてみたんだけど一応右端の机はDTMとか音楽スペースにしたいと思っている。毎年、今年はギターやDTMやるとか思いつつ機材が眠ったままになっているのでなんとかしてあげたい。

大変だったのは机を移動したことでコンセントなど配線をやり直しになったところ。今回ケーブル束ねるやつ使ってみたけど思いのほか足元はスッキリした。

本棚にあったものは一時的にバンカーズボックスに入れたんだけど。別にインテリアとしては違和感あんまりない。ただ中に入れてるのがDVDやCD等だからちゃんとディスプレイしないといけないかな。

今のところは極力机の上には何も置かないようにしていて、まだこれで生産性が上がるのかはよくわかっていないけど机が広いと落ち着くし専用環境が準備済みになっているのは作業に入りやすいのは確か。それだけに音楽環境を準備したらそれなりに触るんじゃないかという希望的観測を持ってる。あとWindowsPC環境でゲーム実況とかしてみたい。そしてやっぱり椅子は2ついるような気はしている。まだまだデスク環境は作成段階。

iMacと机

見ないで買う勇気があったのでiMac Retina買っているわけなのだが。

iMac Retina

5184×3456の写真も鮮明に映るよ。

MacBook ProのGPU Panic問題で内蔵ディスプレイしか使わなくなったら非Retinaに戻れなくなったのでiMac Retinaが欲しくなった。Retina Thunderbolt Displayがあれば良かったんだけどそもそも今のMacBook Pro 2012 midは4K対応していないからどのみちMacBook Proも買い換えないといけないだろうし。最近のPCのライフタイム見てると3,4年は普通に快適でいられるから長期的な生産性を考えればiMac Retina買っていいだろうと正当化している。

今回移行アシスタント使わずに1からセットアップしてメモを残しているので大分時間がかかっているんだけど、それよりも机の上をiMacのディスプレイだけにしたくなっている。

生産性を高める新仮説。「机と椅子は2つずつあるほうがいい」
http://www.lifehacker.jp/2014/09/140917twochair.html

が気になっていてWindowsPCはまだ必要なものの、開発には使っていないのでMacの開発環境とそれ以外で机を分けてみたい。しかし新たに家具を導入しようとなると何かを削減しないといけない。

部屋のレイアウトをあれこれ考えていてMacのセットアップよりも部屋のセットアップの方に意識がいってしまっている状態。本を全部電子書籍化したから物置になっている本棚捨てれば可能っちゃ可能なのでいろいろ考えてしまう。