ディアウォールで壁に穴を開けずにVIVEのベースステーションを設置する

賃貸で壁に穴を開けられないのでツーバイ材とディアウォールキットを使ってHTC VIVEのベースステーションを設置してみた。

HTC VIVE Base StationHTC VIVE Base Station

https://findy.jp/8365
ディアウォール」とは、上のパーツの中にバネがあり、はめ込んだ木材を固定する仕組みになっていて、一言で説明すると、床と天井の突っ張り棒です。

前回同様、IPC DIY Lab.さんで必要な長さから半分にカットしてもらったツーバイ材と、LABRICOのジョイントとアジャスターを購入。VIVEのベースステーションは部屋の対角線上に設置することになるのでセット購入。

VIVEはドスパラWebサイトで購入。PlayStation VRがいつまでたっても定価で買えないので衝動買い。

ただ衝動で買うには設置面で問題があった。VIVEの設置動画を見ると何のためらいものなくベースステーションの設置で長いネジを埋め込んでいて「どこぞのアメリカの豪邸をモデルにしてるんだよ」と賃貸住宅では敷居が高かった。

そんな中、ディアウォールで自転車やらギターやらを掛けているDIY写真などを見て、VRのベースステーションもこれでいける…と判断できた。

モノの配置によっては、部屋の角にディアウォールを設置するのは面倒になるかもしれなかったが、半分にカットしている場合は部屋の角でジョイントすることでこれまた簡単にできた。ジョイントをつかったディアウォールの万能さに今後も頼ってしまいそうである。

ディアウォールで自転車を壁がけした

クロスバイクが2台になり、置き場に困っていたのでディアウォールでサブの1台を壁がけしてみた。(正確には部屋の壁ではなく壁に隣接させたツーバイ材に掛けている)

クロスバイク壁がけ

今回購入したもの。

  • ホワイト塗装済ツーバイ材 【長さ2440mm】 (2本にカットしてもらい、余りは捨て)
  • LABRICO 2×4ジョイント オフホワイト DXO-4
  • LABRICO 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1
  • MINOURA バイクハンガー4M

ディアウォール

https://findy.jp/8365
ディアウォール」とは、上のパーツの中にバネがあり、はめ込んだ木材を固定する仕組みになっていて、一言で説明すると、床と天井の突っ張り棒です。

ツーバイ材販売店

マンションの壁紙が白のため、白塗装済みのツーバイ材をネット販売しているところ、カットをしてくれるところを探してIPC DIY Lab.さんで購入。一週間程度で届いた。
https://diy-lab.jp/products/detail.php?product_id=1458

探せば安くて速く届けてくれるところがあったかもしれないが、ツーバイ材を買うのが初めてだったためバイクハンガーのDIY記事などDIYの事例がサイトに載っていて安心感があったので IPC DIY Lab. さんを選択。塗装しなくて良いなら東急ハンズなどのホームセンターで買って持って帰る手もありかもしれない。

LABRICO

LABRICOはツーバイ材を組み立てて使うDIYパーツ。

LABRICO(ラブリコ)は、女性や家族が楽しめる「安全で手軽なDIYパーツブランド」です。
これまでは業務用や男性向けが多く、複雑な手順や工具が必要だったDIYパーツを、
安心して使い続けられる、家庭向けのパーツとしてご提案します。

とあるが、男性でも手軽に使いたいので選択。こちらはツーバイ材が届く間にAmazonで購入して用意しておいた。

今回はアジャスターで-95mm、ジョイントで-26mmした長さのツーバイ材を購入した。このあたりは使うパーツによって長さを調整しないといけないので注意が必要。 危うくジョイントの長さを考慮せず注文するところだった。

バイクハンガー

今回壁に掛けるクロスバイクはフラットバーハンドルなので、バイクハンガーは「MINOURA バイクハンガー4M」を購入。とりあえずバイクハンガーはMINOURAが定番らしい。ロードバイク向けにはMINOURA バイクハンガー4Mと別の商品があり、こちらはドロップハンドルなど幅が狭い自転車用。

バイクハンガーもAmazonで購入。

半分にカットした理由

2m超えの木材を買うのは敷居が高く、今回チャレンジできたのは「2×4ジョイント」の存在が大きい。ジョインを入れてもそれほど強度も落ちないことから、以下のような利点を想像していた。

  • 運ぶのが楽、部屋の搬入も楽
  • サイズが合わなかった場合に買い替えが半分で済む
  • 引っ越す場合に、買い替えが半分で済み再利用できそう
  • 捨てるのも楽

まず天井までの高さを正確に測ることが大変だし、2×4アジャスターのレビューコメントで「-95mmじゃ短すぎた」、「私は長すぎた」などの様々なコメントがあって、もし長さが合わなかったときに2m超えの木材を捨てることも面倒だから手を出しづらかった。半分にカットしてもらえば仮に長さが合わなかったとしても捨てるのは半分の長さで済むし、半分の長さなら押入れにとっておくこともできる。

あと、部屋のどこに配置するかを決めかねていて、床からの天井の高さが部屋の場所によって違うため、部屋の模様替えをするのも簡単になるのではと考えた。

悪いところをあげると、ジョイントが無い一本木に比べて見た目が悪いところ。

まとめ

ツーバイ材の塗装・カットサービスとLABRICOのおかげでかなり簡単にバイクの壁がけが実現できた。ドリルドライバーがあれば30分も要らない。これだったらギターの壁がけなどもっと早くにチャレンジしておくべきだったと後悔しているところ。

LABRICOはいろいろなパーツがあるので壁収納棚もつくって見たいが、収納場所をつくると、そこにモノを置いてモノが溢れる問題があるので今は我慢。

レムノス掛け時計を買い換える

トイレで使っていた時計が壊れて、電池を入れ替えても動かなくなったので買い換えることに。

Lemnos Fruits clock pear PC10-02S WH

掛け時計は同じもので揃えていたので全く同じものをレムノスを探したり、Amazonの購入履歴を探したりしてなんとか購入。

Lemnos Fruits clock pear PC10-02L WH
Lemnos Fruits clock pear PC10-02S WH
が今使っている掛け時計の名前。

レムノスさん、いろんなデザインの時計出してるから次壊れたときはもうこの商品は品切れしているんじゃないかと心配している。かといって今のうちにスペアを買い漁る気にもならないので、その時はまた新しいデザインのを探せばよいか…

ところで時計の時間を5〜10分早めで合わせているから電波時計を敬遠しているんだけど、電波時計で-10分ずらすという設定でできたりするんだろうか。

バロンとコンテッサ

生産性を高める新仮説「机と椅子は2つずつあるほうがいい」実践の続き。

1ヶ月待ってようやくコンテッサ到着。机を2つにして結局椅子も買っていた。

バロンとコンテッサ

バロンチェアは長く使っていて新たに椅子を買うかどうかは悩む所だったんだけど、バロンチェア以下のものを買うと座る机が偏る恐れがあったのでバロンか、コンテッサを買うか検討していた。

IDC大塚 新宿ショールームで試しに座ってみたんだけど、違いはほとんどわからなかった。何度も交互に座って強いて言うなら若干コンテッサの方が深く座れるような感じでどっちが良いかは判断つかなかった。正直どっちでもいいし、好みの世界になってくるんじゃないかと思っていた。

やや深く座れる = あんまり立ち上がりたくなくなる = 作業に集中できる。と勝手に解釈して今回コンテッサを作業用に使うのがいいんじゃないかと考えた。あとバロンチェアはアーム無しのを使っているけどアームレスにしたのは座ってギターを弾くためだ。娯楽のためと作業がごっちゃになっていたとも言えるので、今回はアーム付きの椅子を買ってみたかった。

コンテッサはAmazonに在庫がある分にはすぐに届けてくれる。

しかしコンテッサはマイナーチェンジをしているらしく、フレーム色がポリッシュでデザインアームレストになると色が赤しかなかったので受注生産で時間がかかるのを妥協しないで普通に受注した。

午前中届けてもらうはずが14時くらいになっても何も連絡がないのでKW怒りの選挙投票に。結局17:30頃に来た。もう、どっかで事故ってて来ないもんだと諦めていたので着た時は有り難かった。

実際のところバロンチェアをコロコロ移動すればいいだけなので椅子は1つでもそこまで不便ではなかった。椅子を2つ揃えたのは部屋づくりとして妥協したくなかったからで机が2つに対して椅子が1つのはインテリア的にはやっぱり違和感があった。

バロンで揃えたい気持ちもあったけど、コンテッサの微妙な違いがコントラストになってインテリア的には揃えるよりも良かったなーと思っている。ライトグレーっぽいけどバロンもコンテッサも色はホワイトのメッシュ。

コンテッサの調整とかはよくわかっていないのでバロンとのすわり心地の違いについてはまた今度。でも椅子とかベッドとか自転車とか、毎日身体を預けるものは妥協しないで良い物を使った方がいいと思う。

オムニウッティLL

自転車の掃除道具としてFINISH LINEの製品を買い集めてたのはいいけど、1リットルのバイクウォッシュがでかすぎて困っていた。

オムニウッティLLが入りそうだったので収納に使うことにした。インテリアとして部屋の中にあっても違和感なくて助かる。カラーはブルー。ちなみにLだと高さが少し足りない。

オムニウッティLLL

オムニウッティは椅子にもなる頑丈さがある。椅子としては使う気はあまりなかったんだけど、運びやすいということで高いものを取る時の踏み台として重宝している。

オムニウッティLL

あとでFINISH LINEから収納できそうなバケツが販売されていたのを知ったのだけどあまりかっこよくないからオムニウッティ買って良かったと思ってる。

引きこもりと遅れてきたソファー

先週ひいた風邪がようやく完治に向かってきたのだけど1ヶ月前に注文したソファーが来るということで今週も引きこもり。

実は先週の木曜日に発送されていたので先週末に受け取れそうな気もしたのだけど西濃運輸なので二の足を踏んで諦めた。西濃運輸は他の運送会社と比べて再配達のやりとりでもあまり良いイメージがない。

しかも大型(1人用なのでいうほど大型じゃないのだが)家具は時間指定ができず、時間が9:00-19:00になっている。8:00に起きて待ち構えていたのだが結局届いたのは19:30である。まぁ遅れることもあるだろうししょうが無いのだけど10日くらい前に発送されているのだから待ち行列的にもう少しなんとかならんのかなぁ。多分、順路的にうちの近くが最後の方になっているんだろう。

別にやることは見つけられるので引きこもるのは全然構わないのだけど、19:00まで家から出られないという自由の無さが辛かった。近くにきたら連絡でもしてくれたらいいのだが時間をオーバーしているあたり運送会社の人も大変なのだろう。いやでも、時間がオーバーしたらさすがに連絡しなきゃいけない気もする。そういえば遅れて悪びれた様子もなく淡々とされていた。もしかして19:00までじゃなかったのかしら?

[お届け日] 2014年4月12日 終日便 (9:00~19:00頃)

19:00頃だから30分は誤差ということか。まぁ確かに交通事情などで遅れることはあるとは書いてあるけれども。

こっちもさくらのVPSの移行作業として淡々とChefのレシピを書いていたのでいーんだけどさすがに19:00過ぎたあたりから今日は届かないんじゃないかとか住所間違えて書いたっけ?とか不安になったよ。

そんな不安な中届いたソファーはこちら。すわり心地など感想はもう少し使ってから書く予定。

FLANNEL SOFA PENTA 900 Chair
FLANNEL SOFA PENTA 900 Chair

ちなみにChef SoloでセットアップしてWordPressとRedmineを動かすところまで行けたんだけどサーバ監視用途のmuninの設定がサーバの作業メモから抜けていたせいでレシピへの移植も抜けてて今週の移行は間に合わなかった。来週の土曜夜に移行するかも。

ローソファー注文

FLANNEL SOFAさんのPENTAというソファーを注文した。

テレビと共にソファー要らんと思って捨ててみたけど、やっぱりデスクチェアーでゲームしたり、プロジェクターでサッカー見たり、読書するのは味気なかった。

プロジェクターの対面にソファーを置こうとすると机の位置の変更が必要でそれはやりたくない(机は中心におきたい)。新しいカーペットで床生活もありかなと思い座椅子でもいいかな、でも座椅子はなーと思っているところでPENTAに出会った。

ローソファーの方が部屋が広く感じられるし、1人用で持ち運びもしやすそうなのでプロジェクターを使うときだけ真ん中に持ってきて、あとは読書用で端においておけばいいかなといろいろメリットを感じてみた。ソファーかチェアかで悩んでいたので、座椅子ぽくないソファーは素敵やん。

ちょっと失敗したのが納期が1ヶ月先で消費税8%が適応されてしまうという点。サンプル生地を郵送してもらわないでとっとと注文しておけばギリギリ間に合ったのだが、生地によって印象や気持ちよさが全然違うからその辺はしょうがない。

FLANNEL SOFA生地サンプル

生地は右中央のターコイズぽいのにした。早くソファーで本を読みたい。

レコーダー収納

プロジェクターがあるので液晶テレビとテレビ台を捨ててみたがレコーダー類をどのように片付けるかが課題だった。とりあえずこうなった。

TVラック

テレビラックではなく、PC向けのラックを購入。一番上には机から戦力外になったU-BOARD BLACKを載せる。

下から
ギターシンセ(GR-55)
PS3Wii U
nasne、ひかりTV・チューナー(ST-3200)
ブルーレイレコーダー
リモコン、HDMI切替器
MacBook Air、JS-8

そこそこ気に入っている。しかし、他のプロジェクターユーザはどのように収納しているのだろう。TVラックを使うのかな。

基本スクリーンは閉まっているし、普段はギタリスト復帰に向けていつでもギターを弾けるようにした。準備が必要だとあまり弾かなくなる。MacBook Airはバンドスコアを自炊してしまったからなのだけどスコアの自炊は失敗したと思う。読むのが面倒すぎる。

そういえば当時はエフェクターにME-8(めはち)を使ってたが最近ME-80という機種が出たようだ。80というのはなにか意味があるのだろうか。JS-8がエフェクター代わりになるのでライブとかやらない限りは必要なさそうだ。

タイルカーペット2mm

実家や東京に来て社員寮が畳だったこともあり、フローリングは冷たくてやっていけない。そこで東リのタイルカーペットをずっと使っていたけどずいぶん汚れている部分もあったので思い切って全て取り替えてみた。

IMG_0122

今まで8mmのタイルカーペットを使っていた。最初にひとり暮らしを始めた部屋のクローゼットを開けるのにそれくらいの薄さが必要だったのだ。しかし今の部屋では関係ない。タイルカーペットは10mmがメインで8mmのタイルカーペットはあまり手に入らないので今回からベーシックなタイルカーペットに入れ替えることにした。

8mmのタイルカーペットはすべり止めがついていなかったがこの製品は最初から裏面がすべり止めになっているので全然ずれなくて良い。そして1.5か2mmの違いというのに乗った感触で厚いことがわかって気持ちよい。洗えることもあってそこそこ長く使っていけそうだ。

全部張り替えるのはなかなか勇気が必要だったが以下の本に影響を受けて勢いでやった。後悔はしていない。

赤いソファー

ソファーを捨てたが、本当は新しいソファーかチェアが欲しい。なかなかいいのが見つからないので買い替えじゃなくて衝動的に捨ててみたわけだった。

そんな中、赤いソファーが搬入されている夢を見た。どういうことだ。赤いソファーを買えってことなのだろうか。しかし去年は珍しくPCを買い換えなかったので10万を超える買い物をしていない気がする。何か高いものを買いたい。