梨づくし

この本にフルーツだけ食べてデトックスするというのがあったのでやってみたけど2日で腹ペコになったので断念した。デトックスは3日ごとに続けないと行けないらしく難しい。

とは言え梨の旨さを再確認したのでコンディションとか関係なくしばらく梨を食べることにする。皮むきが面倒なので以下の商品を買ってみたがかなり楽。

ペヤング

関東では今週から復活した。

最新はカップ麺は食べていなかったが、報道されているので食べたくなった。

ペヤング

例の混入事件がなければこうやって話題になることもなく、自分のように食べる機会がなかった人もいるかもしれない。雨降って地固まるとはこのことか。

ペヤング

ペヤングはペヤングというか、カップ焼きそばはカップ焼きそばなきがする。美味しいけど焼きそばとは違うジャンルだし、肉や野菜がないので食事としては足りない気がしてしまう。

SUSgalleryのチタングラス買った

麦茶だとかアイスカフェラテだとか、冷たい飲み物を入れたグラスやカップの水滴が気になっていた。

「水滴つかない」などでネットで調べてみると二重構造のグラスというのが出てきた。Amazonでも売っているようだけどすぐ割れるというレビューがたくさんあった。すぐ割れるのは困るのとテレビで前みたのはガラスじゃなかったのでさらに調べていくと、ようやくチタングラスを見つけた。

いくつかあるようだけどSUSgalleryが日本製で王道という感じがした。しかし価格に引いた。これはネットで買うやつちゃう。というわけで店舗を調べたらSUSgallery コレド室町店 OPEN 2014/03/18と東京日本橋に専門店があるようなので行ってきた。

サイズとか色とかいろいろ店員さんに見せてもらった。思いのほかグラスは軽く、持った感じはプラスチックのグラスのよう。幾つかシリーズがあって形やカラバリが微妙に違う。最終的に400mlのシルバーのタンブラーのようなものを買った。色が着いたやつは美味しそうに見えなくなるような気がしたので無彩色なシルバーにした。17,000円。

SUSgallery

木箱に入れられて買ったときはテンション高くなったけど帰ってから靴みたいにゴミになるので箱は要らないですって言えばよかったと思ったのは内緒。

麦茶。

SUSgallery

水滴が付かないことが目的だったけど、チタングラスは保温性が優れていて中のドリンクが冷たいまましばらく飲めるとのこと。確かに氷なしでも冷蔵庫に入れていた麦茶はしばらく冷たかった。

400mlにしたのは持ち帰りのアイスカフェラテを移したかったからでやってみた。ドトールのLサイズ。

SUSgallery

ぴったし(ギリギリ)。スタバのグランデはもう少し大きかった気がするので入らないかもしれないけど家の近くにあるのはドトールなのでこれで良し。

店頭ではグラスが軽いので不安になったけど、中にドリンクを入れるとそれなりの重さになるので安定性は悪くないようだ。しかし癖でよくコースターに乗せてしまう。

高いけど合金だし長年使えるだろうということで価格分の価値はあると思う。そんなわけでチタングラスはおすすめだけど高いので一回店頭で確認することを推奨します。

水出しで美味しい麦茶

近所のスーパーで「水出しで美味しい麦茶」というのを見つけた。

水出しで美味しい麦茶

「水出しで美味しい」というところには実はそれほど惹かれなかったんだけど、「水出しの際、一晩バッグを入れておいても苦くなりにくい。むしろ味に深みが出る」という部分に「マジかよ」ってなって買った。そして本当だった。

今まで水出しは信用してなくて、煮出しできっちり時間を図っていたんだけど、水出しで入れっぱなしでいいというのはすごすぎる。面倒な人間には素晴らしい商品だ。そして麦茶は美味い。

なんとなく夏は麦茶というイメージがあるけど、麦茶には体温さげる効果があるからなのか。あとノンカフェインという謳い文句もあるけど、ずっとカフェインってコーヒーの専売特許だと思っていたけどコーラーとか烏龍茶とか他の飲み物にも普通に含まれるようだ。だから微量でも効果がある体質な人は夜に飲むものはよく選んだほうがいい。夏の夜は麦茶に決まり。

Amazonでもパックで売っているようだ。多少有名なのだろうか。

個人的に烏龍茶はさほど好きじゃないので別に一年中麦茶でもいいんだけど、体温下げるなら秋冬はあまり売られてない気がする。しかしほとんどの飲食店で烏龍茶はメニューにあるけどそんなにみんなは烏龍茶が好きなのか。食にあったお茶なのか。

早朝カフェ・ベーカリー

早朝出社のときにカフェに寄りたいが、駅前のドトールは線路の向こうにあり早朝や夕方だと踏み切りが障害となる。踏み切りが開いてたら寄ろう→開いていない→電車一本くらいなら待ってみよう→一本過ぎたら両サイド赤信号でいつもあきらめている。ドトールに行きたいのはコーヒーじゃなくヨーグルトやティーが飲みたいから。

そして朝というのは店が全然開いていない。ベーカリーは朝早くからやっているものだと思っていたそうではないらしい。早くても7:00で8:00からところも多いみたいだ。朝からパンを食べたいと思ったら、チェーンのカフェ店か、コンビニか、ファーストフードで妥協するしかないけど、せっかくの朝一番と考えると妥協したくなくなる。

一応、朝早くからやっているベーカリーと信号など障害を受けないコースでいけるドトールを知っているので、諦めて逆方向+上り坂の回り道をしていくしかないみたいだ。

カレー

カレーを作りたくなったので作った。

カレー

トロピカルカレーとかいう粉状のルーを使った。野菜マシマシ、肉少なめ。

とろける玉ねぎ
ホクホクのじゃがいも
甘い人参
少なくても存在感のある肉
コーンの食感

カレーには人類の英知が詰まっている。カレーを考えた人はジョブズよりも偉いと思う。来週はカレー三昧だ。

新しいナベと子供カレー

ソースパンが壊れた。とってのプラスチックの部分が炎で溶けて外れてしまった。

ソースパンでカレーつくったりパスタゆでたりしていたのだけど底が浅くて大変でずっと買おうと思いつつ場所とるしなーと思ってのばしのばしにしていた鍋を買ってみた。

やっぱり場所とるのはいやなので十得鍋という重ねられるやつにしてみた。

でカレー。いつもルー半分でもあふれそうだったのにひと箱入れても大丈夫だった!!

子供カレー

辛いのは苦手なのでひたすら甘口のルー。バーモントカレー:ゴールデンカレー:なんか高そうなやつを3:2:1でブレンド。辛くないけどコクのあるカレーができる。調子にのって新ジャガに新たまねぎに有機栽培にんじん。でも豚肉はタイムセール。コーンを入れるのがkw流。このコーンの食感は欠かせない。

カレーをまずくつくるには才能が必要だ。カレーを発明したひとはゲイツやジョブズよりも偉いと思う。

俺流基本カレー

弁当を作れるプログラマを目指して、一ヶ月くらい続いたので目標を達成した気分になってしばらく自炊していなかったのだが、なんとなくまたやろうかと考え中。そんなところ戸棚からカレールーがでてきたのでカレーを作った。

野菜、肉。当社比1.5倍。なんの隠し味もないが某企業社食の基本カレーよりはうまい。

フレンチトーストを久しぶりに作る

フレンチトースト

さて、今日は夜食(晩ご飯)に連休中に買った食パンの残りでフレンチトーストをつくることにしました。

ひさしぶりに作るので分量がわからずクックパッドに行きました。しかし、なかなか自分にとって良い情報が見つかりませんでした。何があったかというと・・・
「本格フレンチトースト」
=>材料:フランスパン
いや。無いから。

「チーズ入りフレンチトースト」
=>材料:スライスチーズ
いや。無い。

「黒糖小倉フレンチトースト」
=>材料:黒糖、あずき
いや。だから。

「はちみつフレンチトースト」
=>材料:はちみつ
い(ry
というわけで(?)、今回は以下の材料でつくりました。

・バター(サラダ油代わり)
・食パン一枚
・牛乳50cc
・生クリーム50cc(牛乳が足りなかったため)
・砂糖小さじ2杯(適当)
牛乳が足りなかったので、半分生クリームを使いました。いや何で生クリームがある?と言われると、これまた連休中にカルボナーラ用に買ったのでした。

冷蔵庫に入れていたので食パンが硬く、浸してもなかなか吸い込んでくれなかったので、焼いて暖めながら、浸すようにしたらたくさん吸い込んでくれてそれが楽しくなって何回も焼く・浸すを繰り返しました。結果できたのがこれです。

ふつーにおいしいです。

男のエプロン

こんばんわ。料理をしたり、洗い物をしたりして服を濡らすことが多いkwです。

服が汚れるのでエプロンがほしいと思いました。でもFrancFrancとかに行っても女子が使うようなかわいいエプロンしかないので困っていました。

そんな折り、ネットで「男のエプロン屋」というのを見つけたのでこの黒いストライプのを買ってみました。

http://www.ya-apron.com/ch0003.html
ちょっとシェフになった気分が味わえます^^