視点変更版

視点変更による画像表示バージョンを完成させました。

ファイルのヘッダなど改良する部分はありますが、
ひとまず使えるものにはなりました。

アプリケーションの拡張子からくる関連付けなどが
VC++ではどうやっているのかよくわかりませんでした。

今はこんなことに凝っている場合じゃないので飛ばしました。

でも、ウインドウのサイズ変更とかに凝ってたりもします。

それでも視点変更版ができただけでも満足とします。

あとは表示方法も変えられるようになったらさらに機能的だと思います。

(DirectXを使う、使わないとか)
今日わかったこと:
C 言語の余りを計算する”%”なのですが、
負の数の余りは求められないようでした。

角度を計算するときに-90を270にしたいとします。

しかし -90 % 360 != 270 なのです。

( (-90) – 360*(-1) = 270 なのに・・・ )
-90 % 360 は -90 のままでした。

でも while( x < 0 ) x += 360; のような一行を加えれば問題はありません。 以上です。